日本大北斗七星伝説

スピリチュアル保江邦夫

著者:保江 邦夫

ISBN:978-4-7926-0719-7

判型:四六判/並製

定価:1600円(税抜き)

神様のお告げにより、日本全国を巡って、
結界を張り直す儀式を行いました。
日本を守るため、与えられた使命をこなすため、
保江邦夫の神事は続く・・・

目次

第1章
日本人はどこからやってきたのか2つの民族と結界による国家鎮守

人には誰しもみな祖先というものがある
北斗七星は陰陽道の作法に取り入れられている
なぜ東京に古くから陰陽道の北斗七星の結界が張られていたのか
日本人のほとんどは縄文人ではなく弥生人の子孫
弥生人の祖先は海の向こうから渡ってきた
徳川家康や坂上田村麻呂が恐れた蛮族とは
古代日本には2つの民族がやってきていた

第2章
津軽の北斗七星と金印の地の神楽の復活

「津軽大北斗七星伝説」に導かれる津軽への誘い
日本の北と南の結界を張り直す
志賀海神社の御神事復活と尊敬する「御家元」との出会い
「御家元」からのお言葉が概念を覆す

第3章
征夷大将軍が張り巡らせた津軽の北斗七星の結界が復活

北斗七星の結界を張り直すために津軽へ
天皇ゆかりの三木家の巫女様から水晶を授かる
「ライオンゲートが開く日」に津軽の結界を張り直す
4番目の熊野奥照神社はフェイクだった?!
不思議な現象を引き起こす大星神社で北斗七星の結界が完成する

第4章
張り巡らされた結界と明らかになる真実

さらなる北斗七星の結界を張るための神旅へ
知人宅での不思議体験白山比咩神社の菊理姫からのエネルギー
蒲郡市の竹島での御神事で最後を締めくくる
結界を張り終えてすべての意味も繋がれる
結界とは日の本日本を守護するもの

第5章
神様から与えられた使命と結ばれたご縁

レイライン・レムリアン
神様から僕に与えられた3度目の使命は「将門塚の結界を外すこと」
最後まで神様は僕を見放さなかった
神様からのご褒美愛を歌で届ける新たな巫女の誕生
「平安参賀」での不思議な体験
「あのとき君は若かった」UFOを求めて蒜山高原へ
UFOが導いた蒜山仙人との出会い!?
神様からの命をうけた「マコモ菌」発見伝
神様から与えられた初めての使命が無事に果たされていたことを実感する気仙沼の旅
太平洋の波のエネルギーと海風のエネルギーが地球の霊的エネルギーを増幅させる絶景スポット
神様からの御褒美は溢れる優しさに包まれて

おわりに