あなたがここに転生した理由

新刊,書籍スピリチュアル

著者:坂東忠信

ISBN:978-4792606794

判型:四六判/並製

定価:1500円(税抜き)

Amazonで購入

元刑事が読み解く死後の世界の話、死後は天国しかない地獄。
飛び降り自殺者と一晩を過ごし、人が死んだあとの「あの世」を考えてみた。

目次

第一章 生きて、魂磨こう
初めてのホトケ様
あっという間に行く「あの世」
親からもらった肉体
生きた人の価値
そしていよいよ、死。
さっきまで生きていた人の行き先
死ぬ痛み
痛みの遮断か、意識は別の場所か?
脳死で意識がなくなるのか?
持ち帰れないものと見え方の違い
この世にないものは見えていない、蘇生者の報告
そもそもなぜ現世はあり、現世に生まれたのか?
聖書は一度死んだ男の実録
自殺者は地獄に落ちるのか?
死とその先に象徴するもの

第二章 死んで楽しもう
死の直後
死後の感覚
一番感じるのは「気」か
三世帯連続自殺!の屋敷で感じた「気」
「気」なのか「幽霊」なのか
オーラの色
記憶はどうなる?
生きている人の心で思い知る天国と地獄
この世に留まる意味を失った魂

第三章 その先に逝ってみよう!
制約がない死後の世界
あの世で出会う人を騙すことはできない
死後の名前はあるのか?
言葉の壁はあるのか?
ペットと会える?
面識のない「ソウルメイト」との出会い
死後、男女の区別はあるのか?
運命の男女
あの世に家はあるのか
車はあるのか?
あの世での食べ物は?
過去は見えるのか?
未来と永遠について
「望み通り」にしかならない
あなたがいてこそ天国
天国しかない地獄
あの世は無。の意味

第四章 あの世の構成と形
愛と欲の違い
つながりたい想い
魂群の中間層
会いたい人に会えない孤独
タタリ神の世界
魂群の中心へ
魂群の中心核にある「神}
現世の大切さ

第五章 現世を整えよう
あなたがここに転生した理由
お墓は心の「端末機器」
愛にあふれるパワースポット神社
日本に生まれ変わりたいと願う魂たち