参政党の吉野と赤尾が語るブレない生き方

時事吉野敏明,赤尾由美

著者:吉野 敏明 赤尾 由美

ISBN:978-4792607227

判型:四六判/並製

定価:1500円(税抜き)

日本の医療問題を目の当たりにしている吉野敏明と日本式ものづくり経営に励む赤尾由美。
2人が各々の人生から得た教訓、日本経済に立ちふさがる障壁とそれを突破する方法を語り合う!

目次

第1章 2人が育った背景を語り合う

恵まれていたゆえ嫉妬された幼少期
伝統と革新が同居していた吉野一族の人々
父への反発心と必死の努力が生み出した成功
最先端技術を駆使して父の歯科医院を再建する
不安だらけのクリニックの開業
トラブルシューターとしての活躍とゼロからのリスタート
消去法で選ばれた後継ぎ
父の死後に体験した「暗黒の15年間」
セミナーに参加したことを機に変化した心境
幼少期から身につけていた大人の交渉術

第2章 低迷が続く一方の日本の経済と政治について語る

過酷だった学生時代のアルバイト
物事はシンプルに捉えて常に学ぶことが大切
欲望が招く失敗、無欲が招く成功
経営者は理想を思い求めるべき
人生は何度でも修正できる
経済が低迷する一方だった平成の時代
「あの勢力」による日本経済を破壊するための策略
戦後に堕落した日本の政治
明治維新後から低下している日本人の精神性
日本人は自分が国家そのものであることを自覚するべき
自分が進む道は自分で決められる

第3章 人々に感動を与えて真実を伝える方法について語る

世間の風潮やメディアによる報道に洗脳される人々
人間は感動すると共感しやすくなる
将来の希望が生み出した日本人の勤労意識
人々のために行なわれない公共事業
神様に感謝すれば成功する
愛を貫いて人々に真実を伝える

第4章 失われつつある日本の死生観について語る

日本人は本来の死生観を取り戻すべき
この世の全ては、もともと一つだった
死の間際に体験する地獄と天国
私たちは神様、神様とは私たち