ご挨拶

サイトについて(ごあいさつ)

井上太郎 挨拶
日 本は素晴らしい国です。といっても、本当にそうなの? そんなこと学校でも誰にも教えていただいたこともなければ、テレビや新聞でも聞いたことがない、という方も沢山いると思います。それどころか日本は海外に 悪いことをしてきたのではないのか? という疑問を持っていたり、またそのように思っている方もいると思います。そのような方々にも、そうは思っていなくても具体的なことはよくわからないとい う方にも、もっともっと日本の良さを知りたいという方にも、本当に「日本は素晴らしい国」であるということを様々なコンテンツで発信していきたいと思いま す。ただ日本という国の国益を考え、2679年続く世界最古の歴史を持ち先人達が築き上げたきた平和な日本を未来永劫引き継いでいきたい、それだけの想い です。従って政治的に中立ということでもなく、政治的意図も全くありません。日本という国を、そして日本人という先人たちの素晴らしさを、日本人としてさ らに良く知っていただき、国民一人一人が誇りを持って生き、共に日本の輝ける未来の為に歩んでいこうではありませんか。

お願い

井上太郎の活動にご支援のお願い、カンパのご案内

私には信念である本業があります。
ある人からの依頼で情報提供することによる日本の為の行動としてツイートを始めました。
そしてブログも始め今はサイト「日本のために」へ購読記事を提供しています。
続けていられるのも応援してくださる皆様方のおかげと心より感謝しております。

そんな中、弁護士に懲戒請求し、逆に損害賠償を請求される事件が起きました。
一年ほど前から記事にして、戦い方の参考として答弁書、準備書面等を無料提供してきました。
私の支援を求める人は続出し、放っておけずただ使命感で協力してきました。
私としてはどんな手段をとろうと、一人でも多くの方を救いたい、それだけです。

先日記事にしましたが、その構想通り進めています
そこで
・サイトの運営管理、情報収集、サーバー経費(セキュリティ含む)、等これまで私が不足分を供出してきましたが個人としての限界を超えつつあります。
・これまでの私の出版の著作権料は、ある信頼する人に振り込まれそのまま東北の復興支援に回してきています。
・今回の対応で弁護士相手の水面下の交渉、資料集めや私への協力者への謝礼と経費がバカになりません。個人としての限界を超えました。
・サイト程度の経費不足は私個人で何とかしてきましたが、やはり個人としてはかなりきつい面もあります。サイトの運営に支障が迫っております。
・私は長年の肉体酷使の疲労から、昨年末に腰を痛め、現在治療とリハビリを続けながら勤務しています。
・腰の痛みで地下鉄等の階段がつらく感じます、従ってプライベートはほとんどタクシーを利用してサイトのために動いています。

個人の資金力ではかなり厳しく限界を感じております。サイトの閉鎖等も考慮しましたが継続の要望も多く、私もまだまだ続けたいと思っています。

そこで皆様方に心苦しいのですがカンパをお願いしてみようと熟慮の上決意しました。サイト継続、日本のためにと私のプライベートでもの活動にご理解をいただければ、極めて心苦しいのですが何卒よろしくカンパをお願いする次第です。

どのような形でも構いません。これくらいならいいよでも、余裕のある時や毎月わずかずつでも当然ですが結構です。

もしご賛同いただけるのなら、そして井上太郎の活動にご理解いただけるなら
3012inouetaro@gmail.com    (なおこのアドレスは一時的に使用します)
にご連絡ください。アンチ防止の策です。

私の信頼置ける方に依頼した口座をお知らせするという方法を取らさせていただきます。特典と言えるかどうかわかりませんが、私と直接のコンタクトが可能になります。私も直接の交流も良いのではと思い始めました。サイトに載せられない情報もメールマガジン的にお知らせしたいと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

サイトの趣旨

◎ 私たちは今日本が求めている情報を事実に基づいて正しく発信していきます。
本当はどうなのか? 事実は何なのか?
私たちが知りうる限りの情報を出すことによって日本のために貢献していきます。

◎ 日本の素晴らしい文化を海外も含めて広めていく活動を行なっていきます。
日本文化ついては、しきたり、由来、歴史や日本の技術やノウハウなど日本人として知っておくべきことなどを記事として紹介し、またそれ自体を世界に発信していくことで日本の素晴らしさを伝承し、日本外交の一環を担っていく必要があると考えています。

◎ また日本の現状を鑑み、未来の日本をどのように考えていくのかなどの政治と経済についての問題提起と提案を行ないます。
1年後、10年後、100年後の日本将来をどのように構築していくのか、そのために今なにをすべきなのかなど検討しなければならない課題が山積しています。少しずつですがそれらの問題を紐解き、対処していく方法論などを発信していきます。


ネットワークの意味

ネットワークとは体中に張り巡らされた神経網と同じく、日本中にこの主旨を理解し共に行動する方々の絆を意味します。日本各地に私たちのネッワークが張り巡らされ、日本が大好きな人たちが集まってくれることを願う言葉として使っています。

購読記事は会員専用です。既に登録済みの方はログインしてください。まだの方は右の購読ボタンから決済をして頂き会員登録をお願いします。

既存ユーザのログイン