お知らせ」カテゴリーアーカイブ

在日の皆さんへのお知らせです 

駐日南朝鮮大使館は、昨年11月25日(大阪)と28日(東京)で「兵務行政」と「国籍法」についての説明会を在日南朝鮮人を対象に開きました。南朝鮮政府の法務部と兵務庁の担当者が大阪と東京を直接訪れて説明をしています。

駐日南朝鮮大使館の趙羲干領事によると、今回の説明会は大使館による訪問民願サービスの一環で行われました。実際に本国に母国修学などで長期滞在する人の中には、兵役法に関する法律をよく知らないでトラブルに巻き込まれるケースもあるようです。今回の説明会では海外同胞の兵役行政に関する説明が主なテーマでした。

南朝鮮は国民皆兵主義に基づく徴兵制です。国内海外を問わず、南朝鮮籍を保有する男性は憲法第39条、兵役法第3条により兵役義務の対象になっています。対象年齢20歳~37歳までの間に陸軍(21カ月)、海軍(23カ月)、海兵(21カ月)、空軍(24カ月)で兵役を履行しなければなりません。

駐日大使館担当領事の趙羲干領事によると、世界の海外同胞のうち、対象者の94%は在日同胞です。たとえば、在米同胞の場合は南朝鮮籍ではなく、米国籍を取得している人が多いため、兵役対象ではない人がほとんどだそうです。

在日同胞の場合は、基本的には兵役法による「在外国民2世」(在日2世の意味ではない)の確認を取得すれば、兵役対象にはならないようになっています。海外で出生、または6歳以前に本国を出国した人、17歳まで本人と父母が継続して海外に居住している人などが条件です。多くの在日同胞の場合は「海外で出生」に該当し、兵役義務からは対象外で延期された状態になります。

ただし、「在日国民2世」の確認を取得しても、来年20歳になる1994年1月1日以降の出生者からは、18歳以降、通算で本国滞在期間(母国修学や語学留学などは除外)が3年を超えれば、「在外国民2世」として扱われないようになっています。

そのため、本国で3年以上の長期滞在や営利活動をする在日同胞は兵役義務を課せられるようになります。一方で最近では、ニューヨークの韓人会の建議で2004年から始まった「永住権者入営希望願制度」により海外永住権者(日本の特別永住者なども含む)でも兵役を履行する人が増えているそうです。

兵務庁による世界の「永住権者入営希望出願現況」(2013年10月31日現在)によると、制度が始まった2004年は38人だったが、年々増加して2013年には318人が入営希望を出願しています。10年間で1663人が入営している状況です。在日同胞は同期間に100人程度が入営しているそうです。在日の皆さん、祖国のために兵役に就きましょう。

(朝鮮日報より)

 

 

在日に対する南朝鮮の公式コメントです

条約に付随する大統領の公式談話ですから、世界に向けて公式に発言したということです。在日朝鮮人に対して日本に一切の責任もないことを明言して、南朝鮮の保護下に入ることを伝えています。つまり在日に対し日本は一切の保護をする必要もなく、さっさと帰国させてあげるのが日韓友好ということです。南朝鮮に、在日朝鮮人に改めてこの朴大統領の談話を提示し、認識してもらえばと思います。是非一読してみてください。

お~い、在日、民潭良く読んでね!!!!!!!!!

[文書名] 日韓条約批准書交換に関する朴正煕韓国大統領談話

[場所]

[年月日] 1965年12月18日

[出典] 日本外交主要文書・年表(2),629-630頁.「大韓民国外交年表 附主要文献」,1965年,298-300頁.

[備考] 翻訳 玄大松

[全文]大統領談話文{前6文字下線}

(韓日協定批准書交換に際して)

「略」

次に私は,在日僑胞に対して,一言お願いをしようかと思います。

親愛なる在日僑胞の皆さん!

現在60万人以上と推算されている在日同胞のこれまでの苦労がどれくらいつらかったことかを,私は誰よりもよく知っています。

在日僑胞のその苦労の原因をたどってみると,ひとえにそれは本国政府の責任となる他ありません。

したがって,これまでに在日僑胞の一部が共産主義者の使嗾に駆り立てられその系列に加担するようになったのも,実は大部分本国政府が在日同胞をより暖く,より徹底して保護できなかった責任であるといえます。

これより本国政府は皆さまの安全と自由について,より積極的に努力して可能な最大限に皆様の生活を保護するつもりであります。

これとあわせて私は,一時的な過誤で朝鮮総連系に加担した同胞たちの一切の前過を不問に付して,本国政府の保護下に立ち戻ることを希望します。

政府は最大限に彼らを暖く迎え,一つの血筋を引いた同胞として,韓国民として保護するでありましょう。

そうして私は,日本の空の下で韓国同胞たちが再び分裂して相剋することなく,暖い同胞愛の紐帯の中で互いに和睦して親近となり,また幸福な生活を営なむことを希望してやみません。

これとともに私は,これまで分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留され,祖国のあるべき国民になれなかった同胞に対しても,この機会に新しい韓国民として前非を問わないことをあわせて明らかにしておこうと思います。

再びこうした分別のない同胞がいなくなることを希望しながら,今日からわれわれは新しい気持と新しい心構えで,栄えあるわが祖国を建設する働き手とならんことを,訴えてやみません。

「略」

1965年12月18日

大統領 朴 正 煕

 

 

お知らせ 井上太郎の新刊本

【特別告知1】 抽選で30名様に井上太郎サイン入「諜報機関」を 定価にて頒布
いたします。garov2@garo.co.jp 宛に12月7日24:00までにご住所、お名前、お
電話番号を 明記の上お申込み下さい。当選発表は12月8日メール便での発送をも
って代えさせていただきます。

【特別告知2】尚、書籍代のお支払は書籍同封の郵便振替用紙を
  ご利用下さい。書籍代以外に送料80円及び振込み手数料をご負担いただきます
ので 何卒ご了承下さい。

編集部からのお知らせ

編集部から
新しいお知らせや告知はこちらからご確認ください。


2013/12/13<削除記事>
日本ユニセフの記事に関し一部不適切な表現が含まれていました。
当該記事は既に削除されています。関係各位にご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
by 井上太郎


2013/12/02 「日本のために」発売されました。一言ご挨拶申し上げます。By 井上太郎


2013/09/25 まもなく10月3日、故中川財務大臣の四回目の命日です。改めてご冥福をお祈り申し上げます。


2013/08/26 訂正(編集部から)
読者の方から、南朝鮮にもリージュ等の選手はいるとの指摘を受けました。井上太郎のブログエントリーの「言っても無駄だけど、南朝鮮よ、いい加減にせい!!」に記載されている「競技人口はゼロといわれているのです。」を訂正させていただきます。


2013/08/23 これで安倍総理の政治姿勢を改めて確認してみませんか?


2013/08/16 全国戦没者追悼式と靖国参拝のご報告


2011/08/08 Tonyさんから開設のお祝いビデオが届きました!