編集部」カテゴリーアーカイブ

在日の皆さんへのお知らせです 

駐日南朝鮮大使館は、昨年11月25日(大阪)と28日(東京)で「兵務行政」と「国籍法」についての説明会を在日南朝鮮人を対象に開きました。南朝鮮政府の法務部と兵務庁の担当者が大阪と東京を直接訪れて説明をしています。

駐日南朝鮮大使館の趙羲干領事によると、今回の説明会は大使館による訪問民願サービスの一環で行われました。実際に本国に母国修学などで長期滞在する人の中には、兵役法に関する法律をよく知らないでトラブルに巻き込まれるケースもあるようです。今回の説明会では海外同胞の兵役行政に関する説明が主なテーマでした。

南朝鮮は国民皆兵主義に基づく徴兵制です。国内海外を問わず、南朝鮮籍を保有する男性は憲法第39条、兵役法第3条により兵役義務の対象になっています。対象年齢20歳~37歳までの間に陸軍(21カ月)、海軍(23カ月)、海兵(21カ月)、空軍(24カ月)で兵役を履行しなければなりません。

駐日大使館担当領事の趙羲干領事によると、世界の海外同胞のうち、対象者の94%は在日同胞です。たとえば、在米同胞の場合は南朝鮮籍ではなく、米国籍を取得している人が多いため、兵役対象ではない人がほとんどだそうです。

在日同胞の場合は、基本的には兵役法による「在外国民2世」(在日2世の意味ではない)の確認を取得すれば、兵役対象にはならないようになっています。海外で出生、または6歳以前に本国を出国した人、17歳まで本人と父母が継続して海外に居住している人などが条件です。多くの在日同胞の場合は「海外で出生」に該当し、兵役義務からは対象外で延期された状態になります。

ただし、「在日国民2世」の確認を取得しても、来年20歳になる1994年1月1日以降の出生者からは、18歳以降、通算で本国滞在期間(母国修学や語学留学などは除外)が3年を超えれば、「在外国民2世」として扱われないようになっています。

そのため、本国で3年以上の長期滞在や営利活動をする在日同胞は兵役義務を課せられるようになります。一方で最近では、ニューヨークの韓人会の建議で2004年から始まった「永住権者入営希望願制度」により海外永住権者(日本の特別永住者なども含む)でも兵役を履行する人が増えているそうです。

兵務庁による世界の「永住権者入営希望出願現況」(2013年10月31日現在)によると、制度が始まった2004年は38人だったが、年々増加して2013年には318人が入営希望を出願しています。10年間で1663人が入営している状況です。在日同胞は同期間に100人程度が入営しているそうです。在日の皆さん、祖国のために兵役に就きましょう。

(朝鮮日報より)

 

 

在日に対する南朝鮮の公式コメントです

条約に付随する大統領の公式談話ですから、世界に向けて公式に発言したということです。在日朝鮮人に対して日本に一切の責任もないことを明言して、南朝鮮の保護下に入ることを伝えています。つまり在日に対し日本は一切の保護をする必要もなく、さっさと帰国させてあげるのが日韓友好ということです。南朝鮮に、在日朝鮮人に改めてこの朴大統領の談話を提示し、認識してもらえばと思います。是非一読してみてください。

お~い、在日、民潭良く読んでね!!!!!!!!!

[文書名] 日韓条約批准書交換に関する朴正煕韓国大統領談話

[場所]

[年月日] 1965年12月18日

[出典] 日本外交主要文書・年表(2),629-630頁.「大韓民国外交年表 附主要文献」,1965年,298-300頁.

[備考] 翻訳 玄大松

[全文]大統領談話文{前6文字下線}

(韓日協定批准書交換に際して)

「略」

次に私は,在日僑胞に対して,一言お願いをしようかと思います。

親愛なる在日僑胞の皆さん!

現在60万人以上と推算されている在日同胞のこれまでの苦労がどれくらいつらかったことかを,私は誰よりもよく知っています。

在日僑胞のその苦労の原因をたどってみると,ひとえにそれは本国政府の責任となる他ありません。

したがって,これまでに在日僑胞の一部が共産主義者の使嗾に駆り立てられその系列に加担するようになったのも,実は大部分本国政府が在日同胞をより暖く,より徹底して保護できなかった責任であるといえます。

これより本国政府は皆さまの安全と自由について,より積極的に努力して可能な最大限に皆様の生活を保護するつもりであります。

これとあわせて私は,一時的な過誤で朝鮮総連系に加担した同胞たちの一切の前過を不問に付して,本国政府の保護下に立ち戻ることを希望します。

政府は最大限に彼らを暖く迎え,一つの血筋を引いた同胞として,韓国民として保護するでありましょう。

そうして私は,日本の空の下で韓国同胞たちが再び分裂して相剋することなく,暖い同胞愛の紐帯の中で互いに和睦して親近となり,また幸福な生活を営なむことを希望してやみません。

これとともに私は,これまで分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留され,祖国のあるべき国民になれなかった同胞に対しても,この機会に新しい韓国民として前非を問わないことをあわせて明らかにしておこうと思います。

再びこうした分別のない同胞がいなくなることを希望しながら,今日からわれわれは新しい気持と新しい心構えで,栄えあるわが祖国を建設する働き手とならんことを,訴えてやみません。

「略」

1965年12月18日

大統領 朴 正 煕

 

 

お知らせ 井上太郎の新刊本

【特別告知1】 抽選で30名様に井上太郎サイン入「諜報機関」を 定価にて頒布
いたします。garov2@garo.co.jp 宛に12月7日24:00までにご住所、お名前、お
電話番号を 明記の上お申込み下さい。当選発表は12月8日メール便での発送をも
って代えさせていただきます。

【特別告知2】尚、書籍代のお支払は書籍同封の郵便振替用紙を
  ご利用下さい。書籍代以外に送料80円及び振込み手数料をご負担いただきます
ので 何卒ご了承下さい。

編集部より(2014/01/10)

当サイトご支援頂いております皆様を代表して
靖国神社に昇殿参拝してまいりました。

14-01-10-1

これからも日本のためにできることを実行していく所存ですので
ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

編集部

天皇陛下、記者会見の全文(2013/12/23)

天皇陛下は23日、80歳、傘寿の誕生日を迎えられました。天皇陛下は、誕生日を前に、皇居・宮殿で記者会見に臨まれました。その記者会見の全文です。

陛下は傘寿を迎えられ、平成の時代になってまもなく四半世紀が刻まれます。昭和の時代から平成のいままでを顧みると、戦争とその後の復興、多くの災害や厳しい経済情勢などがあり、陛下ご自身の2度の大きな手術もありました。80年の道のりを振り返って特に印象に残っている出来事や、傘寿を迎えたご感想、そしてこれからの人生をどのように歩もうとしているのかお聞かせください。

80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事という質問ですが、やはり最も印象に残っているのは先の戦争のことです。 私が学齢に達した時には中国との戦争が始まっており、その翌年の12月8日から、中国のほかに新たに米国、英国、オランダとの 戦争が始まりました。終戦を迎えたのは小学校の最後の年でした。この戦争による日本人の犠牲者は約310万人と言われています。前途に様々な夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、本当に痛ましい限りです。

戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います。戦後60年を超す歳月を経、今日、日本には東日本大震災のような大きな災害に対しても、人と人とのきずな絆を大切にし、冷静に事に対処し、復興に向かって尽力する人々が育っていることを、本当に心強く思っています。

傘寿を迎える私が、これまでに日本を支え、今も各地で様々に我が国の向上、発展に尽くしている人々に日々感謝の気持ちを持って過ごせることを幸せなことと思っています。既に80年の人生を歩み、これからの歩みという問いにやや戸惑っていますが、年齢による制約を受け入れつつ、できる限り役割を果たしていきたいと思っています。

80年にわたる私の人生には、昭和天皇を始めとし、多くの人々とのつながりや出会いがあり、直接間接に、様々な教えを受けました。宮内庁、皇宮警察という組織の世話にもなり、大勢の誠意ある人々がこれまで支えてくれたことに感謝しています。

天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています。これからも日々国民の幸せを祈りつつ、努めていきたいと思います。

両陛下が長年続けられてきた「こどもの日」と「敬老の日」にちなむ施設訪問について、来年を最後に若い世代に譲られると宮内庁から発表がありました。こうした公務の引き継ぎは、天皇陛下と皇太子さまや秋篠宮さまとの定期的な話し合いも踏まえて検討されていることと思います。現在のご体調と、こうした公務の引き継ぎについてどのようにお考えかお聞かせ下さい。

「こどもの日」と「敬老の日」にちなんで、平成4年から毎年、子どもや老人の施設を訪問してきましたが、再来年からこの施設訪問を若い世代に譲ることにしました。始めた当時は2人とも50代でしたが、再来年になると、皇后も私も80代になります。子どもとは余りに年齢差ができてしまいましたし、老人とはほぼ同年配になります。再来年になると皇太子は50代半ばになり、私どもがこの施設訪問を始めた年代に近くなります。したがって再来年からは若い世代に譲ることが望ましいと考えたわけです。この引継ぎは体調とは関係ありません。負担の軽減に関する引継ぎについては、昨年の記者会見でお話ししたように、今のところしばらくはこのままでいきたいと思っています。

今年は五輪招致活動をめぐる動きなど皇室の活動と政治との関わりについての論議が多く見られましたが、陛下は皇室の立場と活動について、どのようにお考えかお聞かせ下さい。

日本国憲法には「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。」と規定されています。この条項を遵守することを念頭において、私は天皇としての活動を律しています。しかし、質問にあった五輪招致活動のように、主旨がはっきりうたってあればともかく、問題によっては、国政に関与するのかどうか、判断の難しい場合もあります。そのような場合はできる限り客観的に、また法律的に、考えられる立場にある宮内庁長や参与の意見を聴くことにしています。今度の場合、参与も宮内庁長官始め関係者も、この問題が国政に関与するかどうか一生懸命考えてくれました。今後とも憲法を遵守する立場に立って、事に当たっていくつもりです。

先日、陛下は皇后さまとインドを訪問され、日印の友好親善を更に深められました。53年ぶりとなったインド公式訪問の御感想をお聞かせ願うとともに、国際友好親善に際して陛下が心掛けていらっしゃることについても併せてお聞かせ下さい。

この度のインドの訪問は、インドとの国交60周年という節目の年に当たっておりましてインドを訪問したわけです。インドを初めて訪問しましたのは当時のプラサド大統領が日本を国賓として訪問されたことに対する答訪として、昭和天皇の名代として 訪問したわけです。当時は、まだ国事行為の臨時代行に関する法律のない時代でしたから、私が天皇の名代として行くことになったわけです。当時のことを思い起こしますと、まだインドが独立して間もない頃、プラサド大統領は初代の大統領でしたし、これからの国造りに励んでいるところだったと思います。ラダクリシュナン副大統領は後に大統領になられました。それからネルー首相と、世界的に思想家としても知られた人たちでしたし、その時のインドの訪問は振り返っても意義あるものだったと思います。

そして、私にはそれまでヨーロッパと中国の歴史などは割合に本を読んだりしていましたが、その間に横たわる地域の歴史というものは本も少なく、余り知られないことが多かったわけです。この訪問によって両地域の中間に当たる国々の歴史を知る機会に恵まれたと思います。

今度のインドの訪問は、前の訪問の経験がありますので、ある程度、インドに対しては知識を持っていましたが、一方で、日本への関心など非常に関心や交流が深くなっているということを感じました。ネルー大学での日本語のディスカッションなど日本語だけで非常に立派なディスカッションだったように思います。また、公園で会ったインドの少年が、地域の環境問題を一生懸命に考えている姿も心に残るものでした。そういう面で、これからインドとの交流、また、インドそのものの発展というものに大きな期待が持たれるのではないかという感じを受けた旅でした。

「日本のために」発売されました。一言ご挨拶申し上げます。By 井上太郎(2013/12/02)

執筆しました「日本のために」青林堂から出版、販売されています。まあ予想はしていましたがアンチからデマ等の声が挙がっています。まともに反論等できなければ、デマとして片付けなければならないのでしょう。まずはご心配くださりました方々、そして励ましのお言葉をくださりました方々に厚く御礼申し上げます。おかげさまで販売状況は好調のようです。そしてこの一言で再びアンチによる誹謗中傷が飛び交うことを今では何か心待ちするくらいにアンチ発言に慣れ親しんでしまった私がいます。重ねてご心配そして励まし頂いた方に心より感謝申し上げます。河野太郎議員からもどこからも、青林堂含め私に対してのなんらのアクションもありません。お読みになった方はそんな対象ではないことはご理解いただけると思います。

これからも「日本のために」情報発信を続けていきますので何卒よろしくお願い申し上げます。

井上太郎

訂正(編集部から)(2013/08/26)

読者の方から、南朝鮮にもリュージュ等の選手はいるとの指摘を受けました。井上太郎のブログエントリーの「言っても無駄だけど、南朝鮮よ、いい加減にせい!!」に記載されている「競技人口はゼロといわれているのです。」を訂正させていただきます。