井上太郎のブログ」カテゴリーアーカイブ

諜報インテリジェンスから見た今年の日本の行方

イラン情勢から、株式展望まで幅広く情報提供します。そして今後は購読記事と共にネットサロンにて各種情報提供をします。乞うご期待。

今年の日本の予想、やはり幕開けはまさしく激動となりました。年末にはゴーンになめられ、北のバカボンは強気の発言、そしてアメリカイラン問題と続きました。

しかしIR汚職、政治資金規正法の政治と金の問題、それ自体では今年の日本の体制に大きな影響はありません。ましてやこの案件により日本の経済が揺らぐということもありません。
と言うのは来年の自民党総裁選、その直前の衆議院選がある中、夏には都知事選そしてオリンピックとあり、その後いつ衆議院選となってもおかしくありません。総裁選の兼ね合いから、その思惑は野党にも影響します。

もはやまた桜も咲くというのにいまだ「桜を見る会」はモリカケの二の舞であり、衆議院選の恐怖から野党の追及は既に程度が見えています。自民党による、野党の野合に対するゆさぶりもあり、オリンピック控え順調な国会運営となると思われます。

となると野党の追及も、ブーメラン要素もある中、今だ合流するかどうかでもめていては、とても選挙準備などできず、なんとか選挙の来年伸ばしが頭にあります。

今までのようなバカな批判だけの追及で国民からの支持率もない中、解散されてはたまらず、その恐怖からも追及は腰砕けなると思われます。

一番安倍政権にとって重要なことはこれだけの長期政権になっての、相当の功績がまだない事です。拉致問題、北方領土なら文句なしと言えますが任期中に絶対とは言えない状況ともいえます。そうなると何か、ということですが現在は特になく、強いて言えば憲法ですが、今国会では難しそうです。しかし強力に進めてくることも予想され野党はその対応に夢中になり、他のことまで回らなくなり、IRもサクラも、政治と金も大したことではなく、政権が揺らぐということは考えにくいと思います。

アベノミクスは継続されており、消費増税も落ち着き、昨年末にバブル崩壊後初めて元の水準まで株式市場も戻しており、経済状況の好転、景気が回復していることは間違いありません。

日本は何といってもアメリカの影響を受けやすく、イラン問題が起きるとアメリカのドル不安から安心の円が買われ、その影響もあり株価は下がります。しかしアメリカ不安は長続きせず、ドル買いに戻りまた株価は上昇、そしてまた中共との経済摩擦とかでドル売り円買い、こんなことを繰り返しながら、日本の景気回復と共に年間通しては株価が上昇していた、そんないつもと変わらない年になると思われます。

年間通しての上げ下げの繰り返しの中、年間通しては全体に上昇する中、堅く株価が上昇し続けるのは防衛関連です。その予算は過去例がないほどで、朝鮮半島情勢、中共の脅威、憲法改正も含め、軍備強化は過去最大になります。その防衛関連企業は約2000社とも言われ、防衛施設庁からの発注、そして島嶼部防衛政策とも併せ、数十兆円にもなります。

アメリカのイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことをめぐって、アメリカのトランプ大統領は、フランスのマクロン大統領やイギリスのジョンソン首相と相次いで電話で会談をしました。 フランスの大統領府によると、トランプ大統領との電話会談でマクロン大統領は、中東地域の緊張が高まる中、同盟国としてアメリカとの連帯を表明したということです。
そして、報復に出る構えのイランについて、不安定な状況をさらに悪化させかねず、イランは自制する必要があるという考えを示したということです。

イギリスのジョンソン首相もトランプ大統領をはじめとする欧米諸国の首脳と電話で会談したうえで、声明を発表しました。
この中で、「ソレイマニ司令官が中心的な役割を果たした攻撃により、多くの市民や欧米諸国の関係者が犠牲になったことを考えると、
司令官が死亡したことを悼むことはできない」として、アメリカによる攻撃に理解を示しました。
そのうえで、報復は地域における暴力をさらにあおるだけだとして、すべての当事者に自制を求めました。

イスラエル首相「全面的に支援」と発言し、イスラエルはイランがソレイマニ司令官の殺害への報復としてアメリカの同盟国イスラエルを攻撃すると警告していることに神経をとがらせています。
ネタニヤフ首相は5日、閣議で「ソレイマニ司令官は中東各地でテロ計画を立案し実行してきた。今回、トランプ大統領が断固たる行動を取ってくれたことに感謝し、全面的に支援する」と述べました。

ここではっきりさせておくことは、イスラム革命防衛隊@TOCはイランの国軍ではないということです。

イラン・イスラム共和国軍が、イラン・イスラム共和国の国軍です。ソレイマニ司令官を要したイラン革命防衛隊は、宗教指導者ホメイニ師の宗教上の組織ということです。

トランプ大統領は米軍がイラクからの撤退を強いられ、イラクが軍事基地の建設コストを返済しなければ、同国に厳しい制裁を科すと語りました。湾岸戦争以来、イラクはアメリカの保護下にあり、何をたとえ宗教上から言っても通用しません。

今回のソレイマニ司令官のアメリカによる殺害は、なんといっても北のバカボンを震え上がらせたという大きな副産物ももたらしました。アメリカがその気になればバカボン位簡単に殺せるということの証明にもなりました。ましてや北の核の技術がイランに流れていたり、資源も輸出しているという関係がある以上、北も標的になってもおかしくないということです。

どんなに中共とロシアがイラン支持に回ろうとアメリカと対峙してまでは不可能です。イランとアメリカ、多少の小競り合い的なことはあろうと第三次世界大戦などあり得ません。アメリカのトランプ大統領の戦略は、大統領再選が最優先です。そのあたりから分析していけば、日本の外交戦略も見えてきます。

フォロワー並びに購読記事メンバーの方々へ

井上太郎から皆様への年末のご挨拶

皆さま、本年一年井上太郎をご支援くださり、本当にありがとうございました。
どこの馬の骨かもわからない私に、リツイートやリプライそして「いいね」をいただき感謝しております。
私としてはただ日本と日本国民の為だけに、できる限りの情報を発信し、少しでもお役に立てるよう、それだけで言論活動をしております。

政府関係者の一人として、国と国民のために職務をこなしておりますが、せっかくの情報を広く伝えることで「日本のために」なれればと思っております。

しかしながら今年、初めてのことですがツイートのアカウント凍結を経験しました。さらに購読記事もレンタルサーバーの一部をさらに借用しており、サーバーに対する遠慮と言うより、やはり凍結のような処置の恐れから、思い切ったことを発言するにはためらいも出るようになってしまいました。

私のツイート並びに購読記事も、おそらくツイートの凍結や、出版におけるリーガルチェック等により、徐々にマンネリ化、インパクトも薄れてきたのではないかとも思い始めました。

そこで来年早々から、自身のサーバー(100%というわけではない)を構築し、何らの制限も受けない、自身のリスクとして思い切った発言、情報発信をすべく、ネットサロンを開設することを決意しました。
私の人脈から、様々な方にも協力いただき、記事内容もジャンルを広げ、より一層の諜報インテリはジェンスの世界に触れていただきたいと思います。

購読記事をご覧の方々も、こちらに徐々に移行していただければありがたいと思います。なお極めて心苦しいのですが、ネットサロンの開設、維持、さらに記事内容の充実には、それ相応の経費も掛かります。できる限り私財で維持いたしますが、ご協力いただければと思います。

本年の年末の挨拶になります。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。皆様どうぞよいお年をお迎えください。
ありがとうございました。

井上太郎のブログ 出版のお知らせ

以下の内容で書き上げました。まもなく出版される予定です。今回は諸事情から、ネットのみでの販売になります。上、中、下の三部作の第一巻目です。これまでの集大成ということで、出版社からではないので、これまで言えなかったことも書きました。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

井上太郎の愛国本   上
諜報インテリジェンスにより読み解く日本
自ら語る生い立ちと愛国への気持ち
多くの貴重な情報に溢れる、実務という経験をもとに語る日本愛

はじめに

一、 井上太郎ってどんな奴
「日本を愛する」という本人が語る井上太郎の素顔とは
1、生い立ち、どんな家系、その他
2、どんな子供でどのように育ったの
3、いつ頃から愛国に芽生えた、政治的信条の芽生え、目指したもの
4、宗教観は
5、興味深々、女性と女性観
6、趣味嗜好は、どんな性格
二、日本国への想い
1、国旗「日の丸」
2、国歌「君が代」
3.さざれ石
4、靖国への想い
三、皇室を語る
1、皇室への想い
2、昭和天皇を想う
3、天皇陛下であり天皇制と言う言葉はない、そもそも制度ではない。
四、井上太郎の提言その一
1、女性宮家創設は日本解体論、絶対反対
2、女性宮家創設は、「女性天皇・女系天皇」につながる可能性
3、皇室典範は絶対に改正できない
4、祭祀は女性にはできない
5、結論として
6、皇位継承問題の解決とは
五、井上太郎の提言その二
1、教育勅語の復活を、道徳を修身と言い改めよ
2、教育勅語に対する海外の評価
3、修身
4、修身の歴史と海外における修身の復活
5、忠臣楠木正成
六、日本は侵略国家などではない
1、果たして侵略とは? 侵略の定義はいつ決められたのか。
2、日本は侵略行為などしていない、やむを得ない自衛戦争だった
3、何故、日本が侵略戦争をしたなどといわれてしまうようになったのか
4、正しい歴史認識とは?!
5、日本に戦争責任などない、ましてや天皇陛下にはあり得ない
7、中共に日本が侵略戦争であると言える根拠など一切ない
七、諜報インテリジェンスから見る日本外交、日本と朝鮮そしてアメリカと中共
1、米中関係の行方
2、ちょっと香港について
3、日本と南朝鮮
4、11月23日に期限を迎えたGSOMIA
5、現在に至る諜報インテリジェンスから見た日韓関係、日本政府は南朝鮮の手の内はとっくにお見通し
6、日本、アメリカそして中共
「習近平は台湾統一を目指す」
7、南朝鮮の置かれた現状
8、諜報インテリジェンスからみる安倍政権の外交政策
9、北朝鮮は
10、南朝鮮はどうなる
八、日本の防衛
1、日本の軍事力
2、諜報インテリジェンスから見る日本の防衛戦略
3、時代は既に宇宙へ
(1)ICBMの力量を備えた宇宙強国である日本
4、日本の核
九、北方領土、その解決のために
1、北方領土とは
2、サンフランシスコ平和会議での失態
3、アイヌ問題、新法は北方領土にも絡む
4、ロシアと北方領土
5、課題
十、省庁の利権を暴く、日本と国民のためにならない
1、天下り
2、経済産業省
3、財務省
4、利権の典型である枝野立憲民主党代表
5、JT、財務省、たばこ利権
6、まだある利権構造、電通だけではなく博報堂も

終わりに

井上太郎のブログ NHKの闇を暴く!NHKが国民の声を平気で無視する理由 第5回

一応は、真摯に貴重なご意見として賜りましたと、正式文書で来ますが・・・
NHKこそが既得権益に守られている典型

第5回 幹部社員とも言われる、在日朝鮮人4人とは

NHKで幹部に昇進した在日朝鮮人4人とは、李紀彦・玄真行・田容承・朴元瑛源だという情報が流れたことがあります。NHKが在日朝鮮人のディレクターをよく使っていることは確認できました。

朴瑛源は、子会社「NHKエデュケーショナル」にNHKから出向中、児童買春のため警視庁に逮捕され、東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受け、2007年(平成19年)6月26日付けで懲戒免職処分になっていて、少なくとも現在、NHK本体には在籍していないと思われます。

田容承は、南朝鮮ソウル出身の南朝鮮人ディレクターです。この人物はテレビ朝日のディレクターでもありましたが、NHK「プロジェクトJAPAN」の一環である、ETV特集シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」を担当していました。NHKの反日番組としてかなり批判されました。

李紀彦は、NHKの「よみがえる海峡を越えた絆・朝鮮通信史400年」という番組を担当しました。

玄真行は、在日朝鮮人2世です。プロフィールに「1958年、東京生まれ。父母は、韓国済州島出身。」とあります。東京ビデオセンターなどに所属していると思われるので、NHK職員ということではなくNHKの外注先です。ここ30年くらいNHKを筆頭に、テレビ朝日、フジテレビ、関西テレビ、TBS、BSフジ等で番組演出し、多くの賞を獲得しています。

購読記事第6回に続く

井上太郎のブログ NHKの闇を暴く!NHKが国民の声を平気で無視する理由 第4回

一応は、真摯に貴重なご意見として賜りましたと、正式文書で来ますが・・・
NHKこそが既得権益に守られている典型

第4回 NHKの諸悪の根源、総合企画室

NHKには総合企画室という部署があります。経営の長期計画を策定するのが表向きの仕事です。百名程度のスタッフは、「経営計画」「デジタル放送推進」「関連事業」「システム企画」の四つのグループに分けられています。
ところがいずれのグループにも属さず、名簿にも担当が記されていない職員がいます。通称「企画」と呼ばれる彼らこそ、国会対策に専従する政界工作員です。彼らの仕事は多岐にわたります。

表の仕事として、NHKの予算を通すために議員会館に日参し、各議員に「ご説明」や「質問取り」を行ないます。ロビー活動を繰り広げる彼らの多くは、政治部出身者で固められており、永田町特有のルールを熟知しています。

「企画」の仕事には、裏の仕事もあります。自民党のKTという議員の証言ですが、「NHKはあの手この手を使って政治家を籠絡しています。かつては厳しい質問をしていたのに、明らかにNHKに有利な質問しかしなくなった議員も一人や二人ではありません。
総務委員になると政治家は、NHKからさまざまな便宜を受けます。逓信委員会理事を経験した自民党中堅議員は、本来は抽選でしか手に入らないはずの年末の紅白歌合戦のチケットを毎年20枚程度融通してもらっています。」

政治家のパーティーは、政治資金集めが目的です。仮にその政治家がNHK予算を審議する議員だとしたら、予算を政治家に承認してもらうために、パーティー券購入も充分予想されることです。NHKの幹部職員は、パーティー券購入は自腹であることを強調していますが、NHKの資料によれば、総合企画室全体の予算は約139億円もあります。使途不明金も多く、会計監査の最終確認者は結局国会であり。財務状況の不透明さはかなりあります。

総合企画室、もう一つの大きな役割が暴力団対策であり、それが大相撲です。現在の相撲人気と言ってもNHKと競合してまで、民放は絶対に大相撲放送をしません。テレビ朝日は大相撲ダイジェストの放送を止めました。本来スポーツ放送権料が発生する条件は、2社以上の放送局が1つのスポーツソフトを獲得したい場合だけです。
にもかかわらずテレビ朝日が放送を止めNHK単独になっても、NHKは放送権料を年間30億円も相撲協会に支払っています。相撲協会経由でヤクザに金を払っているのです。相撲の興行、これはいまだに興行師つまり背景にはやくざが存在しています。NHKと言えども反社会的集団との関係はあるのです。本場所中野土俵の砂かぶり席、多くの暴力団関係者の顔が映し出されています。

今ではあまり価値の無くなった巨人戦の放映権料は1試合8000万円です、それをNHKは倍以上の値段で読売新聞から高く買い取っています。NHKがスポーツ放映権を、競争価格を無視してまで高く買うことができるのは、潤沢な国民からの受信料収入があるからです。読売新聞はNHKに高く放映権を買ってもらった見返りに、NHKのための報道をするようになります。

NHKは読売新聞と結託をして、民営化阻止等のキャンペーンを張ります。NHKを持ち上げる番組を日本テレビでよく見かけたり、「受信料不払い者への罰則導入も必要」とする社説が読売新聞に載るのには、このような背景が隠されています。

NHKは潤沢な受信料をバックに放送業界、政治家、財界とあらゆる業界を味方につけ、民営化を阻止しています。NHKの受信料制度は、NHKの職員を特権化するだけでなく、新聞社まで堕落させマスメディア全体までもダメにしていると思います。そしてその受信料を支払っているのは他でもない国民なのです。

続く

皆様にお願いがあります

私には信念である本業があります。
ある人からの依頼で情報提供することによる日本の為の行動としてツイートを始めました。
そしてブログも始め今はサイト「日本のために」へ購読記事を提供しています。

続けていられるのも応援してくださる皆様方のおかげと心より感謝しております。
そんな中、弁護士に懲戒請求し、逆に損害賠償を請求される事件が起きました。

一年ほど前から記事にして、戦い方の参考として答弁書、準備書面等を無料提供してきました。
私の支援を求める人は続出し、放っておけずただ使命感で協力してきました。私としてはどんな手段をとろうと、一人でも多くの方を救いたい、それだけです。

先日記事にしましたが、その構想通り進めています
そこで
・サイトの運営管理、情報収集、サーバー経費(セキュリティ強化含む)等これまで私が不足分を供出してきました
・これまでの私の出版の著作権料は、ある信頼する人に振り込まれそのまま東北の復興支援に回してきています
・今回の対応で弁護士相手の水面下の交渉、資料集めや私への協力者への謝礼と経費がバカになりません。個人としての限界を超えました。
・サイト程度の経費不足は私個人で何とかしてきましたが、やはり個人としてはかなりきつい面もあります
・私は長年の肉体酷使の疲労から、昨年末に腰を痛め、現在治療とリハビリを続けながら勤務しています
・腰の痛みで地下鉄等の階段がつらく感じます、従ってプライベートはほとんどタクシーを利用してサイトのために動いています。

セキュリティ含め個人の資金力ではかなり厳しく限界を感じております。サイトの閉鎖等も考慮しましたが継続の要望も多く、私もまだまだ続けたいと思っています。

そこで皆様方に心苦しいのですがカンパをお願いしてみようと熟慮の上決意しました。サイト継続、日本のためにと私のプライベートでもの活動にご理解をいただければ、極めて心苦しいのですが何卒よろしくカンパをお願いする次第です。

どのような形でも構いません。これくらいならいいよ、とか余裕のある時や毎月わずかずつでも当然ですが結構です。

もしご賛同いただけるのなら、井上太郎の活動にご理解いただけるなら
3012inouetaro@gmail.com (なおこのアドレスは一時的に使用します)
にご連絡ください。アンチ防止の策です。

私の信頼置ける方に依頼した口座をお知らせするという方法を取らさせていただきます。特典と言えるかどうかわかりませんが、私と直接のコンタクトが可能になります。私も直接の交流も良いのではと思い始めました。サイトに載せられない情報もメールマガジン的にお知らせしたいと思います。

さらにサイト「日本のために」の購読記事の購読者増にご協力いただければと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

井上太郎
「日本のために」サイト管理者

井上太郎のブログ NHKの闇を暴く!NHKが国民の声を平気で無視する理由 第3回

一応は、真摯に貴重なご意見として賜りましたと、正式文書で来ますが・・・
NHKこそが既得権益に守られている典型

第3回 だから安倍政権はNHKであっても叩かれる、そしてそこにはNHKの反日体質も

中共や南朝鮮にとって安倍総理が長期政権を続けることは、日本という無尽蔵の金になる木を失うことになります。NHKは、中共や南朝鮮のそんな意向による強い要請のもとでの報道をしているとしか思えません。あまりにも見え透いた情報操作は犯罪的であり、政治家を他人の言葉尻をとって引き摺り下ろそうという偏向報道は、電波という公器を利用しての違法行為に他ならないと思います。政治家人事にまで露骨に干渉してくる公共放送は、もはや放送法違反を通り越した政治団体と言えるのではないでしょうか。

自民党はNHKと親族の裏口入社の蜜月を止め、政府人事に干渉してくる身の程知らずの公共放送を解体すべきです。解体するには、解体することを約する国会議員を選ぶこと、NHKに黙するような政党には投票しないことです。しかしどんなに自民党を支持していてもNHKと癒着していれば、これが保守としてのもどかしさではないでしょうか。

NHKが反安倍であるもう一つの理由、それは第一安倍政権の菅総務大臣との連携にありました。2007年(平成19年)05月05日、ドイツ訪問中の菅義偉総務相はウィースバーデン(ドイツ西部)で同行記者団に対し、放送事業者の電波利用料を値上げする方向で見直す考えを表明しました。菅氏は「受益者負担の関係から、大幅な見直しを図っていきたい」と強調した、と共同通信か報道しました。

電波利用料は当時の見込みで、民放とNHKの支払いが約38億円なのに対し、国側の電波供給を含む放送関係の歳出は約212億円にも上ります。つまりここでも国民の税金約174億円が使われているのです。国にとって放送電波供給は174億円の赤字ということなのです。 菅総務大臣は「放送局は高給だという批判もある」とも指摘し、電波利用料の値上げは可能との認識を示したものでした。さらに安倍政権による電波オークション問題があります。NHKや民放各社において、このような政策を掲げる安倍総理そして今は菅官房長官の事が憎くてたまらないのです。

さらにNHKにある反日左翼体質です。前回の東京都知事選挙に出馬した、労組の代弁者である鈴木たつお氏はNHK出身です。彼の都知事選挙におけるスローガンは「1千万人の怒りで、アベ倒そう!」でした。

元民主党系とNHKの深い関係は、NHKの職員労組が日本放送労働組合(日放労)であり、三年前の参議院選挙でも、当時民進党現職で情報労連の吉川さおり氏を推薦しています。日放労は、昔は社会党、今民進党の残党、そして立憲民主党です。NHK職員は極左の日放労幹部(約100名の共産党員)に頭があがらず、放送も偏向になります。NHKの癌は、労組もその一つです。

私は公共放送の職員に労働組合法は不適合だと確信をしています。警察・消防・自衛隊に労働組合はありません。公共放送は国民の為の放送局であり、スト権により災害等の放送ができなくなるのは国民の公共の福祉に反します。

労組圧力があるからと偏向放送をして中立であるはずの公共放送を歪め、その労組が政党支援をするというのは大きな矛盾です。NHK職員は労働者である前に公共放送の職員ですから、労働組合の活動であっても特定の政党を支持することはやめるべきです。

NHK職員の平均年収1780万円です。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣よりも多いのです。国民の受信料から国会で決議され支払われています。

続く