デート商法裁判(2013/10/09)

東京地裁で審理中のデート商法裁判、女性が原告でつまりデートに誘いマンションの投資を進めるというもの。フロンティアの澤田俊之と融資をしたスルガ銀行が売買代金返還訴訟を起こされています。こうした安易な融資についてスルガ銀行に金融庁による金融庁検査が入っています。そしてデート商法のフロンティア、旧商工ファンドの名簿を暴力団から仕入れ、債権回収事業や不動産投資を行っているが代表の中之瀬誠一が二年前に就任するまでは、社名もいずみ住販といい、総会屋グループ小峰五郎こと故小泉幸雄が代表だった。小峰グループとして暴力団住吉会系を背景に、わざと外国人連れてきて会社側に質問したりと総会屋活動を続けていました。みずほ銀行が暴力団に融資ということの癒着が話題ですが、どこの銀行にもあるという事件です。

購読記事は会員専用です。既に登録済みの方はログインしてください。まだの方は右の購読ボタンから決済をして頂き会員登録をお願いします。

既存ユーザのログイン