TOP > 一般書・コミック
区切り線

一般書・コミック

約束の大地 想いも言葉も持っている 
著:みぞろぎ梨穂


世間からは言葉を持たないと思われていた最重度障がいの梨穂さん。
可能性を信じていたお母さまのおかげで、二十歳の時に言葉を伝える事ができ
以降次々と詩を紡ぎ始めました。

ご覧の通り 何もできない私ですが
ぼんやりと生きてきた
わけではありません。 ずっと私は
人間とは何なのか
ということを
考えてきました。

<目次>
序文 矢作直樹(東京大学名誉教授)
「約束の大地」に寄せて 柴田保之(國學院大學人間開発学部初等教育学科教授)
約束の大地 詩 みぞろぎ梨穂
梨穂の言葉 みぞろぎ眞理
梨穂の言葉
梨穂とのおしゃべりタイム
2016年柴田保之先生との対談
きんこんの会
24年の希積〜脳障がいの娘と希望を積んできた日々 みぞろぎ眞理

 四六判/並製  価格1200円(税抜)