TOP > 一般書・コミック
区切り線

一般書・コミック

井上太郎最前線日記  著:井上太郎@kaminoishi


ツイッターで圧倒的支持! 全力で暴く共産党のすべて!
勢いづく共産党に真正面から挑む!

SEALDsや反原発などを隠れ蓑にし、今も国民を騙し続ける共産党。在日外国人社会とも深く関わり、日本解体を狙うその正体に迫る!
この本の目的は、なんとしても日本と日本国民を守りたい、ただそれだけである。

第一章 共産党こそ日本最大の弊害
一 共産党とは、共産主義と社会主義の違い
二 共産党と在日朝鮮人の関係、共産党再建資金は在日が提供した
三 共産党はこれだけ危険
四 共産党の甘言に騙されるな
第二章 共産党の支配組織
一 民主青年同盟、通称民青とはどんな組織か
二 のりこえネット、しばき隊、SEALDs、Tns-sowlの関係。そして共産党、民青との関係は
三 日本のために彼らと戦う

第三章 もう要らない労働組合
一 労働組合は、本当に勤労者のための組織なのか
二 労働組合の弊害
三 労働組合への取り組み方、向かいあい方
第四章 在日朝鮮人問題を考える
一 在日朝鮮人の歴史、なぜ存在するようになったのか
二 特別永住者とは、何故このような特権在日朝鮮人が生まれたか
三 在日朝鮮人よ、よく聞け
四 在日特権、本当にないと言えるか

第五章 日本は侵略国家ではない
一 正しい歴史認識とは! 日本は絶対に侵略国家などではありません
二 侵略などといわれる筋合いはない
第六章 井上太郎の提言
一 女性宮家絶対反対、安倍政権の今こそ旧宮家復活を
二 教育こそ日本の将来を左右する、正しい歴史の教育を。教育勅語を道徳の時間復活させ学ばせるべき


四六版/並製  価格1200円(税抜)