TOP > 一般書・コミック
区切り線

一般書・コミック

オウム真理教元幹部の手記
富田隆


平成最大の大事件
オウム真理教事件

ボディガードとして最も近くで見続けた男が語る、
麻原彰晃の狂乱の日常と日々。

●著者は松本サリン事件で懲役17年! 出所後すべてを語る!
●麻原は本気で自分は最終解脱者だと思い込んでいた
●ロシアからの超大型ヘリ購入や潜水艦建造のお粗末な裏側と真実、「軍事訓練」も単なる兵器体験ツアー
●信者の家族関係を破壊する一方、自分の家族は大事にしたがその扱いはひどかった
●あの上祐氏も! 麻原は日常的に信者を精神的に追い込み、凶悪犯の人格を持たせた
●高級料理よりラーメン、贅沢を知らなかった麻原、肥満の原因はジャンクフード
●お金の使い方もろくに知らず、逮捕時に所持の1000万円もただ不安だったから

平成6(1994)年6月27日の昼少し前、私と端本悟は新実智光の部屋へ呼びだされ、私、端本(悟)、新実(智光)、村井(秀夫)、中川(智正)、遠藤(誠一)、中村(昇)の7人分の作業服を買ってくるようにいわれました。
端本悟とふたりで買い物を終えて、集合場所だといわれた第6サティアンの横にあった2階建ての小屋に行き、中村(昇)と新実(智光)と4人で村井(秀夫)を待っていました。
村井秀夫がなかなか来ないので、新実智光はイライラしていました。
本来なら昼前には出発していなければいけない予定になっていたようです。
つまり、サリン散布は日の高いうちに行う予定だったのです。
あまりに村井が遅いので、しびれをきらした新実がこういいました。
「先に説明しておきます。松本へガスを撒きに行きます。シーハ師(私)とウパーリ師(中村(昇))は警備です。撒くのを邪魔する者が来たら、車から飛びでて排除してください。
その間にわれわれは逃げますから。戦う相手は警官になると思います」(本書より)

 四六判/並製  価格1500円(税抜)